凍ってしまう前に・・
破裂してしまう前に

  水道管にも冬支度を

気温がマイナス4度以下(風当たりの強いところはマイナス1度~マイナス2度)になると水道管が凍ったり、破裂する事故が多くなります。凍結防止の点検と対策を行うことで、破裂事故の防止に効果があります。

凍りやすい状態 水道器具の例
(1)むき出しになっている 温水器への立ち上がり配管
受水槽や高置水槽まわりの配管
(2)屋外にある
(特に北向きの日陰、風当たりの強いところ)
散水栓
ベランダ等の洗濯水栓
(3)保温されていない アパートやマンションの水道メーター

天気予報にご注意下さい

低温注意報が出た夜などは、特に注意して、再点検しましょう。

簡単にできる防寒方法

中・高層アパート、ビルなどは特にご注意を!発泡スチロールを砕いたものをビニール袋にいれてボックスの中に詰めてください。外気が直接水道管に当たらないように段ボールや板でおおう。むき出しになっている温水器への配管もお忘れなく

ベランダ等の洗濯水栓はタオルなどでおおってください。※凍結しそうなときは、念のためにじゃ口を閉めておきましょう。

タオルなどでおおってビニール袋をかぶせてください。段ボールケースを作り、スッポリかぶせるとさらに効果的です。


凍ってしまったら・・

熱湯不可自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせてその上からぬるま湯をゆっくりかけて下さい。 熱湯はかけないでください。急に熱湯をかけると水道管やじゃ口が破裂することがあります。

破裂してしまったら・・

メーターボックスの中にある止水栓を閉めて下さい。 止水栓の位置がわからない場合は、破裂した部分にタオルかビニールテープを巻きつけ、応急手当をして下さい。

修理は、水道局指定給水装置工事事業者にご依頼下さい。

(メーターボックス内については、水道局管理事務所へ。)

テレビ放送

令和元年12月22日(日)放送の広島テレビ「カープ家のひろしま生活」にて、水道管の防寒対策について放送されました。
以下の番組公式ホームページから動画がご覧になれます。

【広島市広報番組 カープ家のひろしま生活】
 12月22日放送 #37 水道管の防寒広報

ページの先頭へ