120th 水とつながるバスツアー 実施報告

120周年記念ロゴ 実施日 : 平成30年8月25日(土) 9:00~16:30    
場所 : 広島市水道資料館、太田川源流の森

広島市水道局は、明治31年(1898年)に創設され、平成30年(2018年)で創設120周年を迎えました。このことを記念し、「過去から未来へ、源流から各家庭へつながる水道」をテーマに、小学生の参加者を募集しイベントを実施しました。

1 タイムカプセル開封式

水道資料館前の広場で、広島市水道創設100周年を記念して埋設したタイムカプセルを開封しました。開封式には、イベント参加者の他にも、当時タイムカプセルの中にメッセージを入れた方などたくさんの方にご参加いただきました。
20年の時を経て開封されたタイムカプセルの中には、多くの方々から寄せていただいた「21世紀へのメッセージ」、当時の給水器具や新聞等が入っていました。

開封の様子
タイムカプセル開封の様子
中の様子
タイムカプセルの中の様子
集合写真

2 森林学習講座

会場を、太田川の源流である冠山にほど近い魅惑の里へ移し、森林インストラクターの先生から森の機能、必要性などを楽しく学びました。

森林学習の様子 森林学習の様子

3 森林散策・木工工作体験

森林散策

森から水が生まれている場所を自分の目で見に行きました。そこは、命にあふれた、とても「きれい」な場所でした。
小学生のみなさんには、お家のじゃ口へとつながるこの源流を未来へとつないでいくために、私たちと一緒に考えて行動してほしいと願っています。

森林散策 森林散策
木工工作体験

水道創設120周年を記念したモニュメントをみんなで作りました。丸太をのこぎりで切り、それにガラスタイルを貼って作った木工作品を「120」の文字になるように配置しました。
協力して作ったモニュメントは現在、水道局基町庁舎1F(中区基町9-32)で公開しています。

木工工作 木工工作
木工工作 木工工作

さいごに

本イベントにご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。短い時間ではありましたが、広島市水道の歴史や、水道と川や森とのつながりを感じていただけましたか。

今後も多くの方へ、水道を知っていただき、より興味を持っていただけるよう様々な活動を行っていきます!

ページの先頭へ