「水道資料館で学ぼう!ひろしまの水道」 実施報告

実 施 日 時 :  令和3年11月6日(土) 9:30~12:00 / 13:30~16:00    
場  所 :  牛田浄水場、広島市水道資料館

 広島市水道局では、お客さまに本市水道事業に対する理解と関心を高めていただくことを目的として、次のプログラムを実施しました。

1 牛田浄水場の見学

 太田川から取り込まれた水が、どのような工程を経て安全でおいしい水道水になっていくのか、職員の説明を交えながら実際に目で見て、体感していただきました。

沈でん池見学の写真 排水処理施設見学の写真

2 水に関する実験

 濁った水から透き通ったきれいな水をつくる凝集ろ過実験、水道水の塩素に関する実験、水道水の硬度を調べる水質検査などを通して、広島の水道水について学んでいただきました。

凝集ろ過実験の写真 水質検査の写真

3 広島市水道資料館の見学

 広島市水道資料館を見学し、水道水の水質や広島市水道の歴史、災害への備えなどさまざまなことを学んでいただきました。

水道資料館見学の写真 水道資料館見学の写真

4 応急給水体験

 災害時に避難所や病院などへ水を運ぶ給水車からの応急給水をしていただき、10リットルの水を運ぶ大変さを体験していただきました。
 また、水道局の災害対策や家庭でできる災害への備えについて学んでいただきました。

応急給水体験の写真 応急給水体験の写真

さいごに ~参加者の声から~

水は生活にかかせないものだから、大切に使いたいと思った。
いつもの水道水を、おいしくつくろうと工夫していることが分かった。
水に関する実験で、塩素の危険性が低いことが理解できた。
水道水が自分のところにとどくまでに、たくさんの人が関わったり、色々な工程があることを実際に学ぶことができてよかった。

 イベントにご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

 これからも、たくさんの方々に水道を身近に感じていただけるよう頑張ります!

お辞儀するじゃぐっちーイラスト 
ページの先頭へ