水質基準

水質基準項目(51項目)

  項目 基準値解説 観点 分類
1 一般細菌解説 1mlの検水で形成される集落数が100以下であること。 人の健康に影響を与える項目 微生物
2 大腸菌解説 検出されないこと
3 カドミウム及びその化合物解説 カドミウムの量に関して、0.003mg/l以下であること。 重金属
4 水銀及びその化合物解説 水銀の量に関して、0.0005mg/l以下であること。
5 セレン及びその化合物解説 セレンの量に関して、0.01mg/l以下であること。
6 鉛及びその化合物解説 鉛の量に関して、0.01mg/l以下であること。
7 ヒ素及びその化合物解説 ヒ素の量に関して、0.01mg/l以下であること。
8 六価クロム化合物解説 六価クロムの量に関して、0.05mg/l以下であること。
9 亜硝酸態窒素解説 0.04mg/l以下であること。 無機物質
10 シアン化物イオン及び塩化シアン解説 シアンの量に関して、0.01mg/l以下であること。 無機物質消毒副生成物
11 硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素解説 10mg/l以下であること。 無機物質
12 フッ素及びその化合物解説 フッ素の量に関して、0.8mg/l以下であること。
13 ホウ素及びその化合物解説 ホウ素の量に関して、1.0mg/l以下であること。
14 四塩化炭素解説 0.002mg/l以下であること。 有機物質
15 1,4-ジオキサン解説 0.05mg/l以下であること。
16 シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン解説 0.04mg/l以下であること。
17 ジクロロメタン解説 0.02mg/l以下であること。
18 テトラクロロエチレン解説 0.01mg/l以下であること。
19 トリクロロエチレン解説 0.01mg/l以下であること。
20 ベンゼン解説 0.01mg/l以下であること。
21 塩素酸解説 0.6mg/l以下であること。 消毒副生成物
22 クロロ酢酸解説 0.02mg/l以下であること。
23 クロロホルム解説 0.06mg/l以下であること。
24 ジクロロ酢酸解説 0.03mg/l以下であること。
25 ジブロモクロロメタン解説 0.1mg/l以下であること。
26 臭素酸解説 0.01mg/l以下であること。
27 総トリハロメタン解説 0.1mg/l以下であること。
28 トリクロロ酢酸解説 0.03mg/l以下であること。
29 ブロモジクロロメタン解説 0.03mg/l以下であること。
30 ブロモホルム解説 0.09mg/l以下であること。
31 ホルムアルデヒド解説 0.08mg/l以下であること。
32 亜鉛及びその化合物解説 亜鉛の量に関して、1.0mg/l以下であること。 生活利用上支障を及ぼすおそれのある項目 無機物質
33 アルミニウム及びその化合物解説 アルミニウムの量に関して、0.2mg/l以下であること。
34 鉄及びその化合物解説 鉄の量に関して、0.3mg/l以下であること。
35 銅及びその化合物解説 銅の量に関して、1.0mg/l以下であること。
36 ナトリウム及びその化合物解説 ナトリウムの量に関して、200mg/l以下であること。
37 マンガン及びその化合物解説 マンガンの量に関して、0.05mg/l以下であること。
38 塩化物イオン解説 200mg/l以下であること。 その他
39 カルシウム、マグネシウム等(硬度)解説 300mg/l以下であること。 無機物質
40 蒸発残留物解説 500mg/l以下であること。 その他
41 陰イオン界面活性剤解説 0.2mg/l以下であること。 有機物質
42 ジェオスミン解説 0.00001mg/l以下であること。
43 2-メチルイソボルネオール解説 0.00001mg/l以下であること。
44 非イオン界面活性剤解説 0.02mg/l以下であること。
45 フェノール類解説 フェノールの量に換算して、0.005mg/l以下であること。
46 有機物(全有機炭素(TOC)の量)解説 3mg/l以下であること。
47 pH値解説 5.8以上8.6以下であること。 その他
48 解説 異常でないこと。
49 臭気解説 異常でないこと。
50 色度解説 5度以下であること。
51 濁度解説 2度以下であること。

水質管理目標設定項目(26項目)

  項目 目標値解説 観点 分類
1 アンチモン及びその化合物解説 アンチモンの量に関して、0.02mg/l以下 人の健康に影響を与える項目 無機物質
2 ウラン及びその化合物解説 ウランの量に関して、 0.002mg/l以下(暫定)
3 ニッケル及びその化合物 ◎解説 ニッケルの量に関して、0.02mg/l以下
5 1,2-ジクロロエタン解説 0.004mg/l以下 有機物質
8 トルエン解説 0.4mg/l以下
9 フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)解説 0.08mg/l以下
10 亜塩素酸 ●解説 0.6mg/l以下 消毒剤
12 二酸化塩素 ●解説 0.6mg/l以下
13 ジクロロアセトニトリル ◎解説 0.01mg/l以下(暫定) 消毒副生成物
14 抱水クロラール ◎解説 0.02mg/l以下(暫定)
15 農薬類 ◎解説 検出値と目標値の比の和として、1以下 有機物質
16 残留塩素解説 1mg/l以下 より質の高い水道水の供給を目指すための項目 無機物質
17 カルシウム、マグネシウム等(硬度)解説 10mg/l以上100mg/l以下
18 マンガン及びその化合物解説 マンガンの量に関して、 0.01mg/l以下
19 遊離炭酸解説 20mg/l以下
20 1,1,1-トリクロロエタン解説 0.3mg/l以下 有機物質
21 メチル-t-ブチルエーテル解説 0.02mg/l以下
22 有機物(全有機炭素(TOC)の量)解説 1.5mg/l以下
23 臭気強度(TON)解説 3以下 その他
24 蒸発残留物解説 30mg/l以上200mg/l以下
25 濁度解説 1度以下
26 pH値解説 7.5程度
27 腐食性(ランゲリア指数)解説 -1程度以上とし、極力0に近づける。
28 従属栄養細菌解説 2,000集落/ml以下(暫定) 人の健康に影響を与える項目 微生物
29 1,1-ジクロロエチレン解説 0.1mg/l以下であること。 有機物質
30 アルミニウム及びその化合物解説 アルミニウムの量に関して、0.1mg/l以下であること。 人の健康に影響を与える項目 無機物質

注:4番、6番、7番、11番は、欠番とする。

◎:目標値の10分の1を超えて検出事例が見られることや国民の関心が高いことから、他の水質管理目標設定項目に比して優先的に取り扱う項目。

●:浄水又は浄水処理過程で二酸化塩素を注入する事業者等においては、水質基準に準じて取り扱う項目。なお、広島市水道局では二酸化塩素を浄水又は浄水処理過程では使用していない。

その他の項目(16項目)

  項目 観点 分類
1 クリプトスポリジウム、ジアルジア解説 人の健康に影響を与える 微生物
2 嫌気性芽胞菌解説 水源監視
3 生物解説 浄水処理に影響を与える
4 総窒素(T-N)解説 水源監視 無機物質
5 総リン(T-P)解説
6 大腸菌群解説 微生物
7 化学的酸素要求量(COD)解説 有機物質
8 生物化学的酸素要求量(BOD)解説
9 溶存酸素(DO)解説 その他
10 酸素飽和百分率解説
11 浮遊物質(SS)解説
12 紫外線吸収(E260)解説 有機物質
13 アンモニア態窒素解説 浄水処理に影響を与える 無機物質
14 アルカリ度解説 その他
15 電気伝導率解説 水源監視
16 水温
ページの先頭へ