水道資料館(※現在休館中です)

水と水道の歴史を知り、いまを学び、あしたを考えるカルチャーアドベンチャー

水道資料館外観 みんな 来て、見て、知って、遊んでね!

レンガ造りの外壁が大正ロマンの香りを漂わす広島市水道資料館は、大正13年(1924年)に建造された送水ポンプ室を改修したものです。

この建物は、原子爆弾投下の爆心地から2.8キロメートルに位置し、隣接する別館(旧量水室)とともに現存する被爆建物として登録されています。また、広島市民の生活と産業の発展を支えてきた近代水道の歩みを物語る遺産として、経済産業省から「近代化産業遺産」に認定されています。

屋外展示

広島市水道創設には、伊藤博文と児玉源太郎が深く関わっています。この2人の立役者それぞれが書いた石額「深仁厚澤(しんじんこうたく)」(伊藤博文書)と「不舎晝夜(ちゅうやをおかず)」(児玉源太郎書)を広島市水道資料館の屋外で見る事が出来ます。また、広島市水道創設時に架橋され、不断水の歴史をささえた猿猴橋水管橋(被爆建造物)の一部をモニュメントとして設置しています。


1階  わたしたちのくらしと太田川の関係がわかるフロアー

1階

A-1 A-2 A-3
 シンボル展示「水とくらす」 太田川水物語 太田川アユベンチャー

イスの中には太田川の生物標本が…

2階  水のこと そして広島水道100年の歴史と出会えるフロアー

2階
B-1
水道創設期
B-2
広島市水道のあゆみ
B-3
広島水道新聞
C-1
水の雑学
C-2
水のふれあいギャラリー
水道創設当時の衣・食・住を紹介し現在と比べてみる 既存の歴史資料を活用しながら資料解説を充実、水道技術の変遷をより分かりやすく紹介 水道事業100年の歴史と当時のくらしに関する新聞型情報検索装置 水と水道に関する雑学を学べる休息を兼ねたミニ図書コーナー
水に関するビデオ・DVDも上映
水とくらしに関する市民の作品展示スペース

順路図

順路図

順路1
Aゾーン
順路2
Bゾーン
順路3
Cゾーン
順路4
Dゾーン
順路5
別館
太田川と自然
私たちのくらしと太田川
歴史
広島水道100年の歴史
水道の知識
知らなかった水との出会い
くらしの中の水
くらしの中の水と水道の現在と未来を考える
ビデオルーム

案内図

市内中心部地図

資料館周辺地図

利用案内

利用案内
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
開館日 日・水・金・土曜日及び祝日(振替休日を含む)
並びに水道週間(6月1日~7日)及び夏休み(7月21日~8月31日)
※ただし12月~2月は休館。
耐震調査・工事を行うために、平成26年3月1日から一時休館いたします。
詳しくは、「水道資料館の一時休館について」のページをご覧ください。
入館料 無料
交通 駐車場がありませんので近隣の有料駐車場、または次の交通機関などをご利用ください。
【バス】
  • JR広島駅から
    7・8番のりば及び20番のりば(福屋広島駅前店前)から高陽方面行きに乗車、東区スポーツセンター入口下車
  • 広島バスセンターから
    10、11番のりばから高陽方面行きに乗車、東区スポーツセンター入口下車
  • 八丁堀から
    戸坂方面行きに乗車、東区スポーツセンター前または入口下車
【アストラムライン】
  • 牛田駅下車
所在地 〒732-0068 広島市東区牛田新町一丁目8番1号 牛田浄水場内
(※資料館入口については案内図をご参照ください。牛田浄水場からは入れません。)
TEL(082)223-1950
お問い合せ 広島市水道局企画総務課
〒730-0011 広島市中区基町9番32号 
TEL (082)511-6808 FAX(082)221-5320
ページの先頭へ