主要浄水場

広島市の水道水は、主に以下の4か所の浄水場でつくられています。

これらの浄水場では、安全な水を安定して供給するため、職員が24時間体制で制御・管理を行っています。

集中管理室の写真
コンピューターによる浄水場の集中管理

牛田浄水場

広島市水道の創設と同じ明治31年に、現在の東区牛田新町一丁目につくられ、100年以上の歴史をもつ浄水場で、急速ろ過方式です。給水能力は1日11万立方メートルで、浄水場内の牛田配水池と南区の黄金山配水池に送水して、市内東部地域及び安芸郡府中町・坂町へ給水しています。 敷地の一部は牛田総合公園や広島ビッグウェーブとして生まれ変わったほか、場内には水道資料館を設置しています。

牛田浄水場航空写真

緑井浄水場

安佐南区緑井町の標高68メートルの高台に建設され、昭和44年7月1日から給水を開始した浄水場で、給水能力は1日20万立方メートルです。ここでは、八木取水場からの水を急速ろ過方式でろ過し、その水を安佐南区及び安佐北区の一部へ給水するとともに、配水池を兼ねた送水ずい道で己斐配水池へ送り、市内西部地域へ給水しています。

緑井浄水場航空写真

高陽浄水場

安佐北区落合南の、標高80mの丘陵地に建設され、昭和55年7月1日から給水を開始した浄水場で、給水能力は1日20万立方メートルです。ここでは、高陽取水場からの水を急速ろ過方式でろ過し、その水を安佐北区及び安佐南区の一部へ給水するほか、その大半を牛田浄水場内の配水池へ送水して、市内東部地域へ給水しています。

高陽浄水場航空写真

府中浄水場

安芸郡府中町桜ヶ丘につくられ、昭和40年5月6日から給水を開始した浄水場で、給水能力は1日2万7,000立方メートルです。ここでは、緩速ろ過方式によりろ過した水を、市内東部地域及び安芸郡府中町へを給水しています。

府中浄水場航空写真

データ

浄水場 給水開始 給水能力 取水場 水源の種別
牛田 明治32年1月1日 110,000m3/日 戸坂 太田川表流水
緑井 昭和44年7月1日 200,000m3/日 八木 太田川表流水
土師ダム
高陽 昭和55年7月1日 200,000m3/日 高陽 太田川表流水
高瀬堰
府中 昭和40年5月6日 27,000m3/日 戸坂
(広島県)
太田川表流水
広島水道用水供給事業沈でん水受水
ページの先頭へ