平成30年7月豪雨に伴う交通誘導警備員の配置に関する取扱いの継続について

平成30年7月豪雨災害の復旧工事などに伴い、今後、交通誘導警備員の確保が困難となり公共工事の円滑な施工に支障を及ぼす恐れがあるため、「平成30年7月豪雨に伴う交通誘導警備員の配置に関する取扱いについて」において、交通誘導警備員の配置に関する取扱いを定めているところです。

この度、本取扱いの適用期間について、「令和4年3月末まで」としますので、お知らせします。

なお、本取扱いについては令和4年3月末で終了とし、令和4年4月以降は全ての工事において「自家警備」を行うことができませんので、ご注意ください。(令和3年4月)


【交通誘導整備員の配置に関する取扱いの継続内容】
 項目 内容 
 適用期間  令和3年3月末まで
            ↓
 令和4年3月末まで

参考:自家警備の事務の流れ

自家警備を行う場合は、「自家警備の理由書」を作成し、工事打合せ簿に添付して監督員に提出すること及び警備業協会への情報提供が必要です。

警備業協会にはFAX又は電子メールで理由書を提供し、また監督員に提出する工事打合せ簿には警備業協会へ理由書を提供した日を必ず記載してください。



備考
・平成30年7月豪雨に伴う交通誘導警備員の配置に関する取扱いについて

前のページに戻る

ページの先頭へ