主任技術者等の兼務制限の緩和の見直しについて
  (配水管布設工事における現場代理人の兼務制限の緩和)

  配水管布設工事における現場代理人の兼務については、災害復旧工事等の一部を除き、これまで認めていませんでしたが、 現場代理人の不足を理由として入札参加できない建設事業者の受注機会の拡大を図るため、次のとおり、配水管布設工事における現場代理人の兼務制限を緩和したのでお知らせします。

1 配水管布設工事における現場代理人の兼務制限の緩和

 配水管布設工事(設計金額1億円未満)の現場代理人について、原則、兼務を認めることとします。
 なお、兼務できる要件等については、各工事の設計図書に添付されている特記仕様書を確認してください。

2 適用

 平成31年4月1日以降に契約を締結する工事から適用します。
ページの先頭へ